コラム~霊界の癒し~をはじめました。メニューバーより閲覧できます。
AMAZON「3人のミディアム」書籍が発売となりました。




安斎妃美香プロフィール

インターナショナルミディアム安斎妃美香は、オランダのロッテルダム在住の英国スピリチュアリスト最高峰機関SNU(Spiritual National Union)正会員である


 2011年よりプライベートセッションをスタートし10年間で延べ1万人以上のリーディング実績をもつミディアムである


 日本、イギリス、オランダ、ドイツ、ベルギー、スイス、アメリカ、インド、台湾、韓国など各国からの依頼に「愛する故人からのメッセージ」「スピリットガイド」からのメッセージを日々伝え続けている



 安斎妃美香は、彼女が5歳の時に母を癌で亡くし、11歳までの間に同じく病気で父・祖母・祖父を霊界へと見送っている それ以降、彼女の家族は肉体を持たないスピリットとしての存在となるが、彼女はいつもその存在(スピリット)を感じ、スピリット達の声を聴き、それを励みに生き抜いてきた 孤独と過酷な環境の中でも、特に亡き母はスピリット(霊)は、幼き彼女に対して「死後も魂は存在する」ということを証明し続けた やがて彼女は成人後、幼少期からの稀有な人生、身の回りに起きたあらゆる霊的現象を解明する為、ありとあらゆる分野のスピリチュアルまた心理学を学び始める

 最終的に、彼女の行きついたその場所は、イギリスの「Arthur Findlay College・アーサーフィンドレイ・カレッジ」 そこは、ミディアム(霊媒)の為の学びの場であった Arthur Findlay Collegeに初めて訪れた時、チューター(教師)は、プライベートシッティングで、彼女に向かってこう言った「あなたはミディアムになるために生まれてきた」 また別のチューターにも「私やあなたは、この世でスピリチュアルワールドを証明していかなければいけない存在である」「あなたが幼少期から経験してきた事は、全てミディアムになるために起こったことである」「あなたはミディアムとして、また教師として、またデモンストレーションも、ヒーリングもすべてやって行くと思うわ!あなたはオールラウンダーになるわよ、そしてあなたはここにまた来るためにしっかり英語を学ぶ必要がある」と言われたことをきっかけに、その数年後、彼女はミディアムの学びと英語の向上の為、オランダに移住を決意した

その後、彼女はオランダを拠点に、近代スピリチュアリズムというフィロソフィーを基盤とし、日々、霊界の声を人々へ伝えるという活動している
それは「愛する故人の魂は今も存続している」ということを証明するため(エビデンシャルミディアムシップ)活動、霊性の向上の気づきを人々へ伝えする活動(アセスメントリーディング・ライフリーディング)、そして彼女と同じようなミディアムや、ヒーリングミディアムの育成(ミディアムヒーラー養成講座)、正しい霊的知識の学びとしてスピリチュアリズムのフィロソフィー(SOUL JOURNEY~魂の旅~講座)など各セッション及び講座を対面・オンラインにて開催している

【スピリチュアリズム七大綱領】

1,神は全人類の父である
2,人類はみな兄弟姉妹である
3,霊界と地上界との間には霊的な関りがあり、人類は天使の支配を受ける
4,人間の魂は死後も存続する
5,人間は自分の行為に自分で責任を取らなければならない
6,地上で行った事は、死後、善悪それぞれに報いがある
7,いかなる魂も永遠の向上進化の道が開かれている



あなたの愛する故人様の魂は今も存在し続けています
 私は「ひとりのミディアム(霊媒)」として、天国にいる愛する故人からのメッセージ、また皆さんのスピリットガイド(守護霊)からの愛に溢れるメッセージを少しでも多くの方に伝えていけたらと思っております そして、大切な人を亡くしたその喪失感に少しでも癒し(ヒーリング)をお届けするお手伝いが出来たら幸いです


感謝と敬意をこめて

2014年6月 安斎妃美香



PAGE TOP
MENU